上水戸接骨院ブログ|水戸市の接骨院・整体院

上水戸接骨院

肩・頸 肩こり

【猫背解消 姿勢改善 声楽家 夢への波高し?】|上水戸接骨院ブログ

更新日:

以前ご紹介したことのある、日本一姿勢の悪い声楽家の卵、T君が夏休みになって当院に来院しました。
→ http://www.kamimito.net/blog/post-312
ぜひ事前にご覧頂くと、今回の話は更に楽しめますよ。
ちなみに前回の写真はT君ではなく、当ブログ常連さんのS氏でした。

「どうだい、調子は?」
「・・・まあまあです」
「受験勉強、進んでるかい?」
「・・・やばいです」
まどろっこしくて、ああもう、首を絞めたくなります。

「最近、声はしっかり出てるかい?」
「・・・指導の先生から『身体を鍛えるように』って言われて、」
「うん」
「・・・時々歩いてます」
「その姿勢で?」
「・・・」
まどろっこしくて、ああもう、首を絞めたくなります。

「その姿勢で歩いているなら、それは残念ながら『移動』であって『運動』じゃないぞ」
「・・・」
「猫背の時点で、体幹にBOXを作れていない。
横隔膜が骨盤と平行でない。
すると、肋骨が十分に広がらない」
「・・・!」
おや? 目の色が変わりましたよ。

「肋骨が横に広がらないと、胸郭を上に挙げるしか空気が入らない。だから、」
「肩が凝るんですね」
「その通り」
「姿勢が悪いと、胸郭にも空気が入りにくいって、指導先生も言ってました」
なるほど、自分の大切にしている分野と接点があると、急に気合が入りますね。
しかしここは大切な所です。少し強調します。

「いいかいT君、俺は君が声楽家としてスキルが上がるとか、大成するとか、そんな事には全く興味が無い」
「!?」
「ただただ、君が健康的に、これからの人生を問題なく過ごして欲しい、そう思っている」
「・・・」
「その結果、君の人生の目的が達成できるといいな」
「・・・はい」

まずは、肩~背中の筋硬結をリリース。
胸椎へのAKAも施し、モビライゼーションを担保しておきます。
それからいよいよEMSにて、体幹トレーニング開始です。

「それ、ドローイン!」
T君は、しっかりとおなかを引っ込めます。
「おっ、上手く出来てるね」
「結構やってましたよ」
「ならばその力を使って、こんどは肋骨を引き下げてごらん」
「?」
戸惑うT君の、左右の肋骨を上から押し込みます。
「!」
「そーら、息を吐け吐け!」
「ぐぎゅう~」
ブレージング、出来ました。多少の無理はありますがね。

ドローインは、インナーマッスルである腹横筋を『鍛える』トレーニングです。
それに対しブレージングは、鍛えた腹横筋を『使う』トレーニングです。
身体は鍛えるだけでなく、正しく使う事が大切なのです。

「いいか、T君!」
「ぐぎゅう」
「歩く際も、トレーニングの際も!」
「ぐぎゅう」
「その肋骨と骨盤の位置関係をキープな!」
「ぐぎゅう」
多分、伝わりました。エッセンスだけでも。

その後はブレージングをキープしての、ストレッチポールを用いたトレーニングです。
胸郭を広げる事と、体幹に働きかける事、T君に対しては一石二鳥ですね。

「・・・この前、お母さんがストレッチポールを買って来まして・・・」
「そうか、なら毎日やれよ~!」
「・・・はい」
さあ、果たして?

アンドレア・ボチェッリと森麻季のファンです
上水戸接骨院ホームページ
上水戸接骨院ブログトップはコチラ

 

 

 

 

いいね ! してくれた方の
肩凝り・腰痛が治りますように♪

-肩・頸, 肩こり
-, , ,

Copyright© 上水戸接骨院 , 2017 AllRights Reserved.